奇妙な時の行方

雑多なラクガキを主に、感想や絵、漫画とか。ツインテっ子贔屓。ジョジョが好きで、一部が一番好きです。NL、GL、BLなんでも好きです。主人公受けを好きになることが多いです。 拙い文ですが、愛を込めて書いてますので辛いことはしないでね。

本の感想とか。

爆笑ヴァンパイア

最初に言います。爆笑どころか苦笑も出ません。うーーーーん????なんなんだこれ?なんつーか、あまり好きじゃなかったですね。でもなんで書いてるのかというとまぁ一応吸血鬼系を読んだっていう記録ですね。表紙はかわいいんで好きです。好きなんで描き…

詩人と狂人たち

詩人と狂人たち (ガブリエル・ゲイルの生涯の逸話)【新訳版】 (創元推理文庫) 作者: G・K・チェスタトン,南條竹則 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2016/11/19 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (4件) を見る 表紙のさ、青っぽいところさ、あれ目玉…

ビタミンF

私が読んだものは2000年の最初に出たやつなんで、この表紙のではなかったですね。 こい、クローバーの中にビタミンFがポ、って置いてある感じです。 でもこっちの表紙の方が中身的のは合ってるかもしれませんね。

ノスタルジー1972 感想

はいどーーん。 見よ!この豪華メンバーを!でも、すんません、実はこの中の人は重松清さんしか知らないで、いらっしゃるから図書館で借りたんですよ。 ノスタルジーとは?? 異郷から故郷を懐かしむこと。